制度事業内容

柏崎技術開発振興協会は、ニーズに応じたさまざまな事業を通じて柏崎のものづくりを支援します。

相談員派遣事業

企業の個別の課題に専門アドバイザーを派遣します。

案件に応じたアドバイザーを派遣し、企業の課題解決を支援します。
また、派遣費用の一部を助成します。

詳しくはこちら
ものづくりチャレンジ支援事業(産学共同研究枠)

大学などど連携した研究開発を行う企業に助成します。

大学等・公設試験研究機関との共同研究契約(委託研究契約、奨励寄付等を含む。)に基づく研究開発事業に取り組む企業に対し、研究開発に要する費用の2/3(上限300万円)を助成し支援します。

詳しくはこちら
ものづくりチャレンジ支援事業(一般枠)

新たな製品の企画開発や研究を行う企業に助成します。

産学共同研究枠、IoT実装推進枠及び生産性改善枠以外の研究開発事業に取り組む企業に対し、研究開発に要する費用の2/3(上限300万円)を助成し支援します。

詳しくはこちら
ものづくりチャレンジ支援事業(IoT実装推進枠)

製造現場にIoTを導入する企業に助成します。

製造現場における業務改善や業務改革のためのIoT導入事業に取り組む企業に対し、費用の2/3(上限100万円)を助成し支援します。

詳しくはこちら
ものづくりチャレンジ支援事業(生産性改善枠)

生産技術の開発や改良を行う企業に助成します。

自社内における生産効率の向上などコスト削減等に資する改善事業に取り組む企業に対し、費用の1/2(上限50万円)を助成し支援します。

詳しくはこちら
見本市等出展支援事業

見本市出展助成など、企業の受注・市場開拓を支援します。

見本市等に出展して新たな事業展開や有望な産業分野への進出を図る企業に対し、出展小間料の2/3(上限50万円)を助成します。

詳しくはこちら
ものづくり産地PR事業

県外の見本市に共同出展し、受注活動を支援します。

国内の見本市に共同で出展することで、企業の優れた技術力をアピールし、受注開拓・販路拡大を支援します。

詳しくはこちら
人材育成支援事業

長期・短期の研修など、若手技能者の育成を支援します。

毎週1回ずつ1年間をかけて金属加工に関する2級技能士程度の知識と技能の習得を目指すマイスターカレッジや、企業オーダーに応じるオーダー研修などを実践し、企業の人材育成を支援します。

詳しくはこちら

このほか、情報収集や広報活動、各種研修会や視察会の開催など行います。ぜひご利用ください。

このページの先頭へ