柏崎の工業紹介

柏崎市におけるものづくりの集積は、明治中期に設立された日本石油会社(現JX日鉱日石エネルギー(株))が立地したことに始まります。
本市の製造業の中核を担っている加工組立型産業の誕生は、この日本石油会社が当初海外に依存していた製油機器、さく井機、油槽等を社内で生産するため、(株)新潟鉄工所柏崎分工場(現日本フローサーブ(株))を設立したことに始まり、昭和初期までにはその基礎が形成されました。

一方、昭和2年に理化学研究所がその研究成果の企業化の拠点として設立した理化学興業(株)(現(株)リケン)が本市に進出し、ピストンリング、切削工具、電線等の量産を開始し、同様に市内に広範な関連企業群を形成しました。
また、大正末期に設立された食料品製造業の北日本製菓(株)(現(株)ブルボン)は、独自技術により菓子等の食品メーカーとして成長し現在に至っています。

石油製造業は昭和30年代以降衰退し、昭和34年には石油ストーブメーカーの(株)内田製作所柏崎工場(現(株)コロナ)、昭和42年には電気機械器具製造業の(株)研精舎柏崎工場、昭和44年には精密機械器具製造業のシルバー精工(株)、昭和48年には電気機械器具製造業の(株)柏崎製作所(現富士ゼロックスマニュファクチュアリング(株))、昭和51年には金属製品製造業の(株)加藤スプリング製作所柏崎工場(現(株)アドバネクス)等が本市に進出し、本市の製造業は一層集積を拡大しました。

当時の日本石油柏崎製油所

当時の日本石油柏崎製油所

理化学興業の設立に尽力された大河内正敏博士

理化学興業の設立に尽力された大河内正敏博士

i_006.jpg

東京電力(株)柏崎刈羽原子力発電所

これらの製造業は現在、市内に約400社集積し、我が国の自動車産業、電気産業、機械産業等の発展を背景として成長を続け、中でも自動車産業の発展と結びついた一般機械器具製造業の成長は著しく、本市の製造業の中核となっています。
機械器具製造業では、特に(株)リケン柏崎事業所が他社の追随を許さぬピストンリング製造技術を持ち、我が国の自動車産業の成長を背景に急速な発展を遂げ、全国のピストンリングの5割を生産し、関連企業群とともに、本市の製造業の中核として現在に至っています。

大手関連企業以外にも、伸線機、エンジンのアルミダイキャスト金型、超精密プレス加工など、高度な特殊技術を有する地元企業も多く集積しています。
また、全国的に少なくなってきている大物金属加工を得意とする企業も存在しています。

また、近年では昭和60年9月に営業運転を開始した世界最大規模の東京電力(株)柏崎刈羽原子力発電所のメンテナンスに伴う資機材の受注では、ISO以上の厳しい品質基準である「原子力発電所の品質保証指針」をクリアする企業もあり、技術の高度化を図っています。

さらに、平成21年から分譲を開始した産業団地「柏崎フロンティアパーク」に、新型二次電池工場として(株)東芝柏崎工場が進出しました。今後も多くの企業進出が予定されており、更なる産業集積の拡大が期待されています。

柏崎フロンティアパーク

柏崎フロンティアパーク

(株)東芝柏崎工場

(株)東芝柏崎工場

柏崎で開催した工業見本市「柏崎工業メッセ2007」

柏崎で開催した工業見本市「柏崎工業メッセ2007」