ものづくりチャレンジ支援事業(生産性改善枠)

生産の省力化や効率化及び高精度化など、生産効率や品質の向上を目的に自社生産設備や技術の改良を行う企業に対し、改良や改造に要する費用の1/2(上限50万円)を助成し支援します。

概要

助成対象者 中小企業基本法第2条に規定する中小企業者(個人事業者を含む。)のうち、従業員数が50人以下の、(1)~(3)のいずれかに該当する事業者。
(1)柏崎商工会議所機械金属工業部会又は一般工業部会のいずれかを主たる所属部会とする事業者
(2)柏崎市内に事業所を有する者で(1)に規定する部会の対象業種に該当する事業者
(3)(1)または(2)のいずれかに該当する企業を経理責任者とするグループ
助成率 助成対象経費の1/2(上限50万円)
助成期間 申請年度の4月1日から3月15日まで
(ただし事業内容によっては次年度3月15日まで継続可)

助成対象経費

機械装置費 機械装置・工具器具の購入、製造、改良、据付、借用、修繕に要する経費(汎用性が高く使用目的が特定できない又は量産が目的であるとみなされるものは除く。)
原材料費 研究開発等の実施し直接使用し消費される原料、材料及び副資材の購入に要する経費(鋼材、機械部品、電気部品、化学薬品、試験用部品等をいう。ただし、量産に使用するものは除く。)
委託外注費 設計、デザイン、製造、改良、加工、試験分析(機器等使用料を含む。)、実験、技術コンサルタント、システム開発の初期費用等に要する経費(委託外注先が機械装置を購入し、又は借用して導入する費用等は除く。)
調査研究費 資料購入、情報収集(マーケティング調査費、特許等の調査費)に要する経費

受付期間

随時受付中

応募方法と事業の流れ

  1. 事業計画認定申請書を作成し、柏崎技術開発振興協会事務局へ提出する。
    ※基礎研究データ、開発品の概略図、試作機械または試作品の仕様図等の資料を添付のこと。
  2. 柏崎技術開発振興協会アドバイザーによる申請内容のチェック及び修正指導を受ける。
  3. 採択の場合には事業を進め、事業完了後に助成金請求書と事業実施報告書を柏崎技術開発振興協会事務局に提出する。
  4. 助成金の振込みを受ける。

様式ダウンロード

  • 事業計画認定申請書(PDF版 ・ WORD版
  • 認定申請書別紙(PDF版 ・ WORD版
  • 事業計画認定申請書の記載例(PDF版
  • ものづくりチャレンジ支援事業実施要綱(PDF版
  • 実績報告書(WORD版
  • 実績報告書(別紙)(WORD版
このページの先頭へ