2019年4月

 柏崎技術開発振興協会では、機械金属事業所に入社される皆さんを対象に「新入社員実務講座」を実施しました。

 平成31年度(2019年度)は、4月4日(木)に開講式が行われ、全7講座を受講した30名が、閉講式で修了証を授与されました。

 閉講式では、酒井 好道 マイスターカレッジ運営委員会委員長から「当たり前のことを自信を持って行い、人のために自分は何をできるか考えることが大切である。」「自分が自分自身を作り上げるため、目標を持ち会社に貢献していただきたい。」など修了生への激励のメッセージがありました。

310412閉講式

 

企業内におけるIT・IoT導入が叫ばれる中、ITの知識を身につけておかなければIoTを活用した競争力強化にはつながっていきません。

ITパスポート試験は、このような社会情勢を受けて2009年から始まった試験で、IT環境における必須スキルを効率的に身につけることができます。

試験対策講座を開設しますので、ぜひ御参加ください。

ITパスポート試験対策講座チラシRev03

1 日時

  平成31年(2019年)5月8日(水)から7月10日(水)までの毎週水曜日

  各日とも 第1部16:00~17:20 

       第2部18:30~20:00

       (第1部と第2部の内容は同じです。)

 ※ 6月12日(水)のみ、第1部は6月13日(木)に開催します。

 

2 会場

  新潟工科大学 S棟1階 講義室8(S154号室)

 

3 講師

  渡邊 壮一、村山 健一 (新潟工科大学 教育センター)

 

4 講座費用

  無料(テキスト代は別途かかります。)

 

5 テキスト

  2019年度版 ITパスポート試験対策テキスト&過去問題集

  FOM出版 2,200円(税別)

  初回にお支払いいただきます。

 

6 申し込み

  平成31(2019)年4月24日(水)までに、申込書をFAXまたはEメールで

  新潟工科大学地域産学交流センターへ。

 ・ 2019年度 ITパスポート試験対策講座申込書

 

7 問合せ

  新潟工科大学地域産学交流センター

  TEL:0257-22-8110

  FAX:0257-22-8123

  Eメール:career-sangaku@adm.niit.ac.jp 

柏崎市IoT推進ラボでは、IoTに関する知識習得を目的として、IoT技術紹介セミナー/展示会を平成31年3月28日(木)に開催しました。

講話では、独立行政法人情報処理推進機構の青木誠(あおきまこと)氏をお招きし、「地域のIoTビジネス創出支援及びIoT導入事例」と題してご講演いただきました。
また、「IoTツールイントロスピーチ・展示交流」と題し、同会場でIoTツールを展示していただいた企業様(富士通株式会社、沖電気工業株式会社、株式会社イシザカ×株式会社ウイング、NECソリューションイノベータ株式会社、東芝デジタルソリューションズ株式会社、株式会社ユニテック(順不同・敬称略))から、IoTツールの紹介を行っていただきました。

平成30年度のものづくり開発塾で製造現場にIoTを実装した2社(株式会社リケンキャステック、日本メッキ工業株式会社(順不同・敬称略))の活動報告と、新潟工科大学佐藤教授のご講演「見える化する現場データを考える -センサの選定についてー」も併せて行われました。

DSC01584

▲講演の様子

DSC01627

▲展示会の様子

 柏崎技術開発振興協会では、機械金属事業所に入社される皆さんを対象に「新入社員実務講座」を実施しています。

 平成31年度(2019年度)は、4月4日(木)に開講式が行われ、講義は4月12日(金)まで行われています。

 開講式では、関矢 浩章 理事長から「成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと。諦めることが失敗である。PDCAを回し、チャレンジを繰り返すことが大事である。」などの訓示があり、30名の受講生が真剣に聞いていました。

kaikoushiki

 

平成31年度(2019年度)に柏崎市と柏崎技術開発振興協会が実施する、ものづくり支援事業の説明会を開催します。当日、事前申込みがなくとも参加が可能となっております。お席に若干の余裕がありますので、是非この機会を御活用ください。

案内チラシ兼参加申込書

【日 時】平成31年(2019)4月8日10:00~11:30

【会 場】柏崎商工会議所5階大研修室(柏崎市東本町1-2-1)

【対 象】製造事業者や金融機関等の支援機関

【参加費】無料

【定 員】150名(先着)

【内 容】
●柏崎市
・生産性向上特別措置法に基づく固定資産税の免除
・企業振興条例に基づく固定資産税の減免・奨励金の交付
・知的財産権取得支援助成金の拡充
・設備投資や新規雇用、人材育成や経営戦略に対する新たな助成事業を創設

●柏崎技術開発振興協会
・見本市等出展支援事業
・ものづくり産地PR事業
・ものづくりチャレンジ支援事業
・ガイドブック製作事業
・ものづくりマイスターカレッジ

●柏崎市IoT推進ラボ
・IoT個別相談・導入支援事業
・IoT基礎・実装体験講座事業
・IoT人材育成事業

【申し込み】参加申込書を、FAXまたはEメールで柏崎市ものづくり振興課へ。

 《問い合わせ》
柏崎市産業振興部ものづくり振興課 真貝・酒井・能澤
TEL:0257-21-2326 FAX:0257-32-3303
E-mail:monozukuri@city.kashiwazaki.lg.jp

柏崎技術開発振興協会からお知らせです。 

柏崎技術開発振興協会では、製品開発又は生産技術の開発等のものづくりにチャレンジする経費を助成する、ものづくりチャレンジ支援事業の募集を行っています。ぜひご活用ください。 

柏崎技術開発振興協会ものづくりチャレンジ支援事業 平成31年度(2019年度) 公募要領

【助成対象事業】

区分

内容

産学共同研究枠

大学等・公設試験研究機関との共同研究契約(委託研究契約、奨励寄附等を含む。)に基づく研究開発事業

一般枠

産学共同研究枠、IoT実装推進枠及び生産性改善枠以外の研究開発事業

IoT実装推進枠

製造現場における業務改善や業務改革のためのIoT導入事業

※普及啓発のモデル事業とし、工場見学の受入れが可能であること。

生産性改善枠

自社内における生産効率の向上などコスト削減等に資する改善事業

※平成32年(2020年)3月15日までに助成事業が完了することが必要です。

【助成対象者】
⑴ 産学共同研究枠、一般枠及びIoT実装推進枠
   中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者(個人事業者を含む。)で、次の
   いずれかに該当するもの
  ア 柏崎商工会議所機械金属工業部会又は一般工業部会のいずれかを主たる所属部会と
    するもの
  イ 柏崎市内に事業所を有する者で前号に規定する部会の対象業種に該当するもの
  ウ 前2号に該当する者を経理責任者とするグループ
⑵ 生産性改善枠
   ⑴に該当するもののうち、中小企業基本法第2条第5項に規定する小規模企業者に準ずる
   事業者(従業員数が50人以下)のもの 

【助成率、助成限度額及び採択件数】

区分

助成率

助成限度額

採択件数

産学共同研究枠

2/3

300万円

1件

一般枠

2/3

300万円

1件

IoT実装推進枠

2/3

100万円

2件

生産性改善枠

1/2

50万円

1件

備考
1 助成金は、1,000円未満切捨てとなります。
2 申請がない区分があった場合は、採択件数を変更する場合があります。

【申請書類】
  次の書類を各8部(1部は、原本。7部は、コピー可)揃えて提出してください。
 1 事業計画認定申請書
   ・産学共同研究枠・一般枠・生産性改善枠用

   ・IoT実装推進枠用
 2 事業計画書
   ・産学共同研究枠用
   ・一般枠用
   ・IoT実装推進枠・生産性改善枠用
 3 経費の見積書及び仕様書の写し
 4 柏崎市が発行する完納証明書 
※ 同一法人・同一事業者による事業計画書の提出は、1件に限ります。
※ 提出書類は、返却しません。上記以外に追加資料の提出を求める場合があります。

【申請期間】5月7日(火)から5月31日(金)まで(土曜、日曜及び休日を除く。)

【受付時間】午前8時30分から午後5時15分まで(※要持参)

【申請窓口】柏崎市産業振興部ものづくり振興課(柏崎市中央町5番50号)

【問い合わせ・提出先】
柏崎市役所 産業振興部ものづくり振興課
〒945-8511
柏崎市中央町5-50
TEL:0257-21-2326 FAX:0257-32-3303

 

このページの先頭へ